写真と地図の紐付けをどうするか

当ブログサイトの前身にあたる都市景観写真集「まちカード」の頃からずっと、考えていた事があります。
掲載されている写真と、大まかな位置(撮影地点)を紐付けし、その街を訪れた事が無い方でも「街のおよその雰囲気」を掴めるように出来たらいいなと。
現在はGoogleストリートビューがあるので、どうしても自サイト内で完結させる必要はありませんが…。

でも、やっぱり、地図は楽しいんです。

自サイト内で「ピン立て」「ラインマーキング」等の加筆表示が可能なWeb地図サービスは幾つか存在していますが、閲覧数制限や専用APIを必要とし、かつ、デザインの自由度もそんなに高くはありません。
 

そこで!OpenStreetMap(OSM)ですよ!(詳細はリンク先参照)
 

OSMをキャプチャ→トレス、タグクラウド風に「通り」の愛称やランドマークスポットを追加、座標に賑わいを現わす光芒をメッシュで示し「マチナミィーオ」のサイトデザインに合わせたのが上画像の地図となります。

まだレイヤーの統合前のデータもあるので、これで本決まりになるかどうかは未定ですが…あ、もうちょっと重なり方を考えた方がいいかもですね。
自由度が高い分、コントロールが難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です